新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するBDの取り組み

2021年6月
BDは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する各国の状況の進展、並びに米国疾病予防管理センター(CDC)、世界保健機関(WHO)及び感染流行国の衛生当局のガイダンスを引き続き注視しています。また、当社従業員の健康と安全を守るとともに、この困難な時期に健康の維持、救命及び診断に欠かせない当社の医療機器が確実に供給されるよう引き続き努めています。

BDとサプライチェーンの稼働状況

BDは世界中の様々な地域で製品の製造と調達を実施しています。当社の製造・流通センターは現在すべて稼働しており、COVID-19に対応するうえで重要な事業所のほとんどが全面稼働又はそれに近い水準を維持している状況です。また、COVID-19の拡大を抑えるために、より厳しい「都市封鎖令」が行政当局により課されている国々においても、お客様への製品供給が遅滞するリスクを最小限に抑える対策を講じた上で、事業活動を継続しています。

BDは、世界各国の製造工場に原材料及び部品を納入する主要サプライヤーとも引き続き緊密に協力しています。また、原材料・部品の供給停止が起こらないよう、事業継続措置を講じるとともに、地方政府に対し、必要な場合には主要サプライヤーを「必須事業」として都市封鎖令の適用外とすることを求めていきます。新型コロナウイルス感染症の対策に欠かせない製品については、十分な量の原材料及び部品の在庫を持続的に確保していきます。

BDは、新型コロナウイルス感染症対策に欠かせない製品について、十分な量の原材料及び部品の在庫を引き続き確保していきます。それらの在庫が確保できないリスクが生じた場合、BDは、以下を含む、事前に承認された緊急時対応策を実施します:
  • 安全在庫量を増やし、航空輸送を促進する。
  • 代替となる納入業者を見つける。
  • BDのネットワーク内の別のソースから原材料および/又は完成品を調達する。
  • 品薄になる可能性がある製品については顧客割当てを行い、買い手による買いだめを防ぐ。
BDの専門チームは世界各国におけるロジスティックス/輸送ネットワークの動向を引き続き注視し、輸送能力や国境をめぐる制約に対処してお客様への製品提供の遅滞リスクを最小限に抑えるべく必要な措置を講じています。また、BDは、最終製品がお客様や販売店に迅速かつ効率的に届けられるよう努めています。

製品の在庫情報

米国内の顧客向けに、マニュアル在庫引当ての対象製品(需要急増のため顧客の発注量が制限される製品)の最新リストをbd.com/allocationに掲載しております。

従業員の安全の確保

BDは引き続き、州、地域および連邦政府の全ての規制に従い、新型コロナウイルスに対峙する我々のエッセンシャルワーカーのため事業所の健康/安全規程を確実に遵守していきます。BDは、従業員を護るために、CDCおよび政府の規制に基づいた予防対策を事業所内ですでに実施しています。またBDは、当該規制および、ウイルス感染とワクチンの効果に関する新たな科学的知見に沿って、安全プロトコルを引き続き改定していきます。

グローバルな対応サポート

世界最大規模のメディカルテクノロジー企業の一社として、BDは、SARS-CoV-2を特定するための診断関連製品から、リアルタイムの情報科学技術や電子機器を用いた情報収集技術、患者さんの治療サポートに不可欠な医療機器まで、その能力、専門知識及び規模を展開し、新型コロナウイルス感染症にかかわる医療ニーズに取り組んでいます。

  1. 40を越える国々でのCOVID-19ワクチン投与計画の策定に向けた取り組みを支援するため20億個以上の針とシリンジを提供することを約束し、既に9億個を越える注射器具を世界各地に出荷しました。
  2. 米国水泳連盟との相互協力のもと、米国におけるオリンピック代表選考会を含む競泳大会のためCOVID-19の検査用器機を提供しています。
  3. 米国陸上競技連盟との相互協力のもと、選手がより安全に競技に参加できるよう、COVID-19迅速テスト器機を提供しています。
  4. SARS-CoV-2の無症状患者のスクリーニングに対する迅速抗原検査の連続使用について、FDAの緊急使用承認(Emergency Use Authorization)を取得しました。(ご注意: 弊社が製造販売する新型コロナウイルス検査のための体外診断用医薬品は、日本国内では無症状者のスクリーニングは薬事承認の範囲外となります)
  5. ネブラスカ州におけるBDの生産能力の拡大を目指す7千万ドルの設備投資プロジェクトについて米国政府と共同でこれを進め、将来のパンデミックに備えるべく準備しています。このプロジェクトが完了した暁には、数億もの注射器具が米国政府に提供され、COVID-19および将来のパンデミックに対するワクチン投与の取り組みをサポートすることとなります。
  6. 新たな注射剤とワクチンの継続的な伸長を見込み、また将来パンデミックが生じた際のプレフィル用シリンジの需要拡大に応える能力を確保すべく、向こう4年間に約12億ドルを投資していきます。これにより、プレフィル用シリンジおよびアドバンスト・ドラッグ・デリバリー・ソリューションズ(自己投与デバイス)の生産能力拡大と技術向上を図る予定です。
上記に加えて、BDとBD財団は、COVID-19の世界的な拡大と、その悪影響に最も脆弱なコミュニティと人々を護るため尽力している非営利組織に慈善助成金や製品を寄贈しており、その額はおよそ280万ドルに達します。また、BD社員もボランティア活動に参画しています。臨床訓練を受けた世界各地の事業所の社員は、COVID-19で甚大な打撃を受けたコミュニティの病院スタッフの支援のために自発的に活動しています。幅広い領域から参集した社員たちは、COVID-19の拡大を抑えるためのバーチャルトレーニングをコミュニティと非営利組織に提供しています。
BDの取り組みに関して、こちらのビデオを参照ください。

日本国内稼働状況(2021年7月28日時点)

一部の供給不足の製品を除き、十分な在庫を確保しております。
首都圏で緊急事態宣言が延長されておりますが、弊社関連施設(工場、配送センター)においては、引き続き入退場者の規制等を実施しながら、十分な感染予防の処置を施したうえ業務を継続しております。
また受注センターなどの業務は、在宅勤務を継続しており安全に配慮しながらお客様の対応にあたっております。
未だ国際物流においては、航空便の減便や海上コンテナの供給不足などにより、慢性的に遅延が発生しております。
また国内物流においては、慢性的なトラックドライバー不足等の影響により、一部の地域において通常よりも長い納期となっております。
ご迷惑をお掛けおりますが、引き続き余裕を持ったご発注を頂けますようお願い申し上げます。