医療関係者向けのページです

4. マクファーランド濃度の調整

BDフェニックススペックの使い方
< 前のトピック 目次 次のトピック >

較正手順
1. 電源を入れます。
2. 本キャリブレータ0.25を測定チャンバーに挿入し、較正ボタンを押します。
3. 画面にはS1(Standard1)という表示が点滅します。
4. 測定ボタン を押します。画面には、10からカウントダウンが表示されます。
5. 画面には、S2という表示が点滅します。本キャリブレータ0.25を取り出し、本キャリブレータ1.0を挿入します。測定ボタンを押します。
6. 画面には、10からカウントダウンが表示され、次にS3という表示が点滅します。本キャリブレーター1.0を取り出し、本キャリブレーター4.0を挿入して、測定ボタンを押します。
7. 画面には、10からカウントダウンが表示された後、S1に戻ります。較正ボタンを押します。
8. 本キャリブレーター4.0を取り出します。これで較正が完了しました。


測定手順
1. 電源を入れます。
2. ブロスに蓋をして渦状に振り混ぜ、泡が消えるまで待ちます。(約10秒間)
3. 蓋を上げて、ブロスを挿入します。
4. 測定ボタンを押します。
5. ランプ記号が消えたら、表示を読み取ります。
6. 測定チャンバーからブロスを取り出します。
7. 測定値が予想よりも低かった場合は、より多くの菌懸濁サンプルを調整してください。サンプルを渦状に振り混ぜ、再測定してください。
注:測定値が予測したマクファーランド値範囲を超えていた場合は、BDフェニックス使用説明書またはBD BBLクリスタルリーダーの説明書を参照して、BDフェニックス用の正しいサンプルを調整してください。
8. 目的のマクファーランド濃度が達成されるまで手順7を繰り返してください。
9. 測定が完了したら、電源を切ります。