医療関係者向けのページです

トラブルシューティング:BD BBLCRYSTAL


1. 同定結果がおかしい。

⇒コンピューターコードブックに、プロファイル番号、グラム染色の結果が正しく入力されていますか?

⇒プロファイル番号の計算ミスはないですか?

⇒コンタミネーションの可能性はありませんか?

⇒菌液濃度は適正ですか?菌液が濃すぎる、あるいは薄すぎるということはありませんか?

⇒培養時間は適正ですか?培養時間が長すぎる、あるいは短すぎるということはありませんか?

⇒前培養の培地は適切ですか?エスクリン、選択物質等が含有された培地を使用していませんか?

⇒グラム染色の結果が間違ってませんか?


2. 同定不能になる。

⇒上記1.とおなじ。


3. 比較キットと結果が不一致。

BD BBL CRYSTAL

⇒上記1.と同じ。

比較キット

⇒使用方法が適切ですか?特に、菌液濃度は適正ですか?

⇒データベースに当該菌名は収載されていますか? 比較検討するシステム(キット)の使用方法に誤りがない場合

⇒追加試験を実施してください。

⇒第3のシステムで同定してください。


4. 基質の反応が、従来法や他社製システムと一致しない。

⇒BBL CRYSTALは、数値同定法に基づき独自のデータベースで同定されるように設計されています。BBL CRYSTALの個々の反応が従来法や他社製同定システムと一致しなくても、同定結果が正しければ,個々の反応結果を気にする必要はありません。


5. 読み取り不能の項目がある。

⇒菌液の残りが注入口のスポンジで、完全に吸収されていないのではありませんか?

⇒ウェル間に菌液が残って、クロスコンタミネーションを起こしている可能性はありませんか?

⇒コンタミの可能性はありませんか?

⇒菌液がパネル内部ではねて、クロスコンタミネーションを起こしている可能性はありませんか?

⇒前培養の培地が不適切なのではありませんか?

⇒当該ウェルに菌液が十分入っていないのではありませんか?綿棒はブロスの内壁によくこすりつけ、菌液を必要以上に吸い取らないようにしてください。


6. ウェルに気泡が入る。

⇒フラン器内の湿度が足りない場合があります。フラン器内を加湿してください。


7. 菌液がベースの溝をうまく伝わらない。

⇒ポリエステル製の綿棒を使用していませんか?綿製の綿棒をご使用ください。