医療関係者向けのページです

BD BBL™ CHROMagar™ サルモネラ寒天培地

BD CHROMagar™ サルモネラ寒天培地は、臨床材料・保菌者検査材料および食品検査材料などからサルモネラ菌を検出するための新しい選択分離培地です。本培地は基礎培地に特異発色基質と選択剤が含有されています。β- ガラクトシド・β- グルコシドの両基質を分解するほとんどの腸内細菌は青〜緑色のコロニー、β- ガラクトシドを分解できないサルモネラ菌などは赤紫色のコロニーが形成されます。さらに培地中にはサルモネラ属が特異的に分解できる脂質が含まれます。この脂質分解による培地のPH の低下に伴いコロニー周囲が赤紫色になります。さらに脂質分解特有のコロニー周囲のハローが認められます。すなわち、サルモネラ菌は周囲に赤紫色のハローを伴う赤紫色の特徴のあるコロニーが形成されます。このためサルモネラ菌以外の硫化水素産生菌(プロテウス、シトロバクター等)とサルモネラ菌の区別が容易になりました。
さらに、従来のSS 寒天培地上では区別が困難であった硫化水素非産生のサルモネラ菌や乳糖分解サルモネラ菌も見逃すことがなく、確実に検出されます。また検体中のフローラに対する強い発育抑制作用により、少量のサルモネラ菌の検出が可能になりました。

カタログ番号 製品名 包装単位 保管温度
251357 CHROMagar™ サルモネラ寒天培地 100枚 2~8℃

期待される結果


組成(精製水1リットルあたり)

クロムペプトン 7.0g
発色基質混合物 12.9g
発育阻止剤 0.05g
寒天 15.0g
pH7.4±0.2

寒天培地上のコロニーの色調

Salmonella 赤紫色
E.cloacae 青色
E.coli 青色(部分発育阻止)
P.aeruginosa 発育阻止もしくは部分阻止
多剤耐性のP.aeruginosa は発育する場合がある(ピンク色)。

CHROMagarは バレル エス.エー.の商標です。