医療関係者向けのページです

BD BBL™ CHROMagar™ O157寒天培地


BD CHROMagar™ O157 寒天培地は、臨床材料・保菌者検査材料および食品検査材料などからE.coli O157:H7 を検出するための新しい選択分離培地です。本培地は基礎培地にβ- ガラクトシド・β-
グルクロニドの2 種類の発色基質が含有されています。クロムアガーO157 に発育するコロニーの発色は細菌が産生する特異酵素と培地中の発色基質との反応に基づいています。すなわち、β-ガラクトシド・β- グルクロニドのいずれも分解する大部分の大腸菌は青色のコロニーが、β- グルクロニド分解することができないE.coli O157:H7 は赤紫色のコロニーが形成されます。このためCTSMAC寒天培地上では困難であったE.coli O157:H7 とE.hermanniiの区別が容易になりました。さらに発育抑制物質を添加すること
により、フローラの強い選択抑制が可能になり、確実なE.coliO157:H7 の検出が実現しました。

カタログ番号 製品名 包装単位 保管温度
251361 CHROMagar™ O157寒天培地 20枚 2~8℃
251362 CHROMagar™ O157寒天培地 100枚 2~8℃

組成(精製水1リットルあたり)

クロムペプトン 13.0g
発色基質混合物 1.0g
発育阻止剤 0.05g
寒天 15.0g
pH7.3±0.2

寒天培地上のコロニーの色調

E.coli O157 : H7 赤紫色
E.cloacae 青色
E.coli 発育阻止
P.aeruginosa 発育阻止

O157:H7とE.hermanniiの区別が容易になりました




CHROMagarは バレル エス.エー.の商標です。