医療関係者向けのページです

セフィナーゼ ディスク

製品写真
セフィナーゼディスクは、ニトロセフィン法により、Neisseria gonorrhoeae、Staphylococcus、Haemophilus influenzae、Moraxella catarrhalis、嫌気性菌等のβ-ラクタマーゼ産生菌のスピーディーな検査を可能にします。

カタログ番号 製品名 包装単位 備考
231650 セフィナーゼ ディスク 50ディスク 貯法:-20℃〜+8℃**(未開封時)有効期限:カートリッジに表示してあります。ただし開封後は60日以内にご使用ください。

検査方法

検体
適切な培地を使用して分離されたコロニーを、直接使用します。
患者検体そのもの、いくつかの菌が混在しているコロニーを使用することはできません。

操作手順
1) シングルディスク・ディスペンサー(#260459)もしくは、ピンセットを使用し、シャーレ(またはスライドガラス)
 上に必要な数だけディスクを置きます。
2) 滅菌水をディスクに1〜2滴滴下して湿らせます。
3) 滅菌した白金耳またはスティックを使用して、分離されたコロニーをディスク表面に塗りつけます。
4) ディスクの色の変化を観察します。(乾燥に注意してください)

※注意点
常に陽性株と陰性株の対照を置くようにしてください。
 陽性株:Staphylococus aureus ATCC 29213
 陰性株:Hemophilus infuluenzae ATCC 10211

結果判定
陽性:菌を接種した箇所が黄色から赤色に変化します。 色の変化は、一般的にディスク全体に拡がりません。
陰性:ディスクの色に変化はありません。(変色なし)

注1)ほとんどの菌株は、陽性反応が5分以内に現れます。しかし、ある種のStaphylococcus属では、陽性反応が現れるのに1時間かかる場合もありますので、注意してください。

注2)ある種のStaphylococcus属、特にS. epidermidisは、ペニシリン、あるいはアンピシリンに耐性であっても偽陰性のβ-ラクタマーゼ反応を示す場合があります。


使用上の注意

● 開封時、ディスクがオレンジ色もしくは赤色に変色していた場合は、そのカートリッジは使用しないでください。
● 本製品では感受性測定はできません。
● すべての検査工程で、感染の危険性を避けるように注意してください。検査終了後は、使用した材料を滅菌の上破棄してください。
● 開封後は、乾燥剤の入ったデシケータに入れ、デシケータごと冷蔵庫に保存してください。