サウジアラビアでの医療分野の進化

フランクリン・ルーズベルトの妻、エレノア・ルーズベルトは、「女性はティーバックのようなもの。熱湯につけられてはじめて、どれだけ強いか分かるのです。」という名言を残しています。Aminah Saifiddin は、自分のキャリアについても同じことを感じています。

Aminah Saifiddin は、サウジアラビアおよびアラビア半島のBD Life Sciences でアプリケーションスペシャリストとして働いており、この役職に初めて就いた女性でもあります。Aminah は、King Saud University の Medical Scences College を主席で卒業し、Flow Cytometry Laboratory の名誉ある King Faisal Specialist Hospital and Research Centerで職を手に入れ、 医療系の研究所で働くという夢を追求しました。彼女はそれぞれの段階でさまざまな手法や技術に出会い、直面する課題に対応しながら成長しました。

1年前にAminah はBD に採用され、この仕事が彼女にとってぴったりの仕事であると確信しました。
「この仕事は、今まで経験してきたことや、自分の想像できることとは別次元のものです。今まで考えもしなかったような新しい自分を発見できるのです。同時に、サウジアラビアの女性は能力があり、機会を与えられればなんでも成功できるのだと、自分自身そして世界に証明していかなければならないと思っています。」

BDは、サウジアラビアで、さまざまな面で大きくまた力強く成長しています。最近、Riyadh の戦略的ビジネスエリアに、50人以上の社員を雇用できるオフィスが新たに設立されました。このオフィスは、Aminah のような女性向けに特別仕様となっており、多様性のある職場環境を目指すというBD のビジョンを実現するための一歩にもなっています。
新たなオフィスの設立を祝うBDスタッフ
新たなオフィスの設立を祝うBDスタッフ
さらに、サウジアラビアのBDのリーダーにより「新たな人材発見」という活気あるワークショップが開催され、サウジアラビアの上位の大学から医学生が出席しました。このワークショップでは、BDが医療のプロに対して多くの分野で機会を提供していることが紹介されました。

BD サウジアラビア のCountry Manager であるSami Abdelsalamは、現地の環境に完全に溶け込んでいるBDの順応性、多様性のある職場環境を提供するというBDのビジョンへの対応など、BDが確実に歩みを進めていることを示しました。

写真を見る:

サービス依頼に対応するAminah
サウジアラビアの医学生向けに最近BDのワークショップが開催され質問に対して回答が提供されました