2020年に向けたBDの新たなサステナビリティゴール

最新版サステナビリティレポートの発表に伴い、我々は2015年のサステナビリティゴールを終了し、ヘルスケア業界、社会、および全世界が直面する多種多様な問題に取り組むための進化した新戦略を発表します。

この新しい戦略は、過去数年よりも広範で、我々の中核ビジネス戦略と融合しており、ステークホルダーから随時提供される意見を取り込んだアジェンダを反映するものです。同時に、ここには環境パフォーマンスの向上への継続的な取り組みも取り入れいます。BDの幅広いサステナビリティ戦略と目標は、「イノベーション」、「アクセス」、「効率」、および「エンパワーメント」という4つの柱に分けられます。
イノベーション - ヘルスケアの安全性、範囲、および費用
• 薬剤管理やラボオートメーションなど重要なヘルスケアプロセスの革新
• 一連の看護プロセスにおける疾病管理を可能にするイノベーションと情報技術の開発
• 研究から臨床への移行の実現
• 医療従事者と患者の安全性を向上するソリューションの提供
アクセス:医療資源が限られた人々に対するヘルスケア
• 死亡や罹患の主要原因に対処するための低コストのイノベーションの創出
• 医療制度の強化に向けた主要な機関や非政府組織(NGO)との連携
• 新興国におけるBDの製造、製品ライン、および雇用の拡大
効率 – 環境保全型の製品およびレジリエントな事業
• バリューチェーン全体における地球温暖化ガス排出量の削減
• 優先順位の高い懸念材料の排除
• 製造による環境負荷の最小化
• サプライヤー責任評価法の推進
• 現在および将来の製品のライフサイクルに対する影響の改善
エンパワーメント:従業員とコミュニティーへのポジティブなインパクト
•従業員の多様性の強化。特にリーダーシップの役割
• 業界最高の社員安全実績の達成
• ボランティアプログラムをとおして、社会的影響と社員の関与の推進
•地域的および世界的アンメットニーズに対処するための非営利団体との連携

BD会長、CEO、兼社長であるVince Forlenzaは、「医療へのアクセス、臨床的効果の改善、コスト削減、安全の最適化のすべてにおいて、この世界には常に切迫したヘルスケアのニーズが存在しています。我々の2020年のサステナビリティゴールは、これらの重要な社会的問題の解決策を見つけるために、お客様、非営利団体パートナー、国際機関、政府、およびその他の重要なステークホルダーとの連携において我々が担うべき役割を反映しています。」と述べています。

BDは、2020年の目標に向けた進捗と業績をサステナビリティのアニュアルレポートに発表していく予定です。
このストーリーについての感想をお聞かせください