古着deワクチン

毎年恒例となっている”古着deワクチン”。
今回は、「ワクチンの日」のスペシャル企画として6月29日~7月10日の2週間に渡って開催しました。
集められた古着はダンボール5箱。古着の仕分け作業には職業体験インターンの高校生も参加してれました!
集められた古着は開発途上国で販売されることで、雇用の創出に貢献します。売上は、「世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」を通じてポリオワクチンの購入に使われます。