第24回 胸が痛い男の子 -左胸にしこり-

T君は、高校生。ラグビー部に入っていて、真っ黒に日焼けし、筋肉もりもり。きれいな逆三角形の上半身をしています。小さい時から、湿疹やらニキビやらで、時々来院していました。

ある日、深刻な顔をしてやってきて、
「先生、このごろ胸が痛いんです。」と、訴えます。
「左胸にしこりができて、だんだん痛くなってきました。」
見せていただくと、確かに乳首を中心に筋肉と皮膚の間に直径5センチほどの、円形のお餅のような塊があります。
ご本人は、
「最初は、乳首のところが何かヘンだなあと思ってたんすけど、だんだんしこりができてきて、痛くなってきて…。もしかして、乳がんすか?男にも乳がんができるってネットに書いてあったし…。」
と、ちょっと泣きそうな感じに…。
「そうじゃないと思いますよ。これは、女性化乳房じゃないかなあ。」
「ええっ!!このまま胸が大きくなっちゃうんすか?」(えーっ?!そんなわけ無いじゃない!!)
「違う、違う!何かの原因で、一時的に乳腺が発達しちゃったんですよ。」
「女の子はね。思春期になると胸が大きくなるでしょ。それは、乳腺が発達してくるからなの。その時に、痛みを感じるんです。それから、毎月生理になる前に、ホルモンによって乳腺が張ってきて、今のあなたが感じているような痛みが出るコもいるんです。お母さんになって、おっぱいをたくさん作るときも痛くなるんですよ。」

男性の乳腺が発達した場合、内服薬の副作用や、肝臓疾患などの可能性があります。降圧剤や制酸剤(胃薬)や抗うつ剤の一部などが、女性化乳房を起こしうることが知られています。また、肝臓の機能がとても悪くなると、男性でも少量ながら産生している女性ホルモンを、代謝・分解することができなくなり、結果として血中濃度が上がって女性化乳房が起きやすくなります。

「何も、薬は飲んでませんよね。」
T君は、思いっきり首を横に振ります。
そうよね。まだ、薬を飲み始めるような年齢ではないし、肝臓も悪くないはずだし…。
もっとも、思春期には、ホルモンの乱れもあって、一過性に乳房が発達して痛くなることがあります。片方だけ発達してくることもありえます。T君の場合もそうかもしれません。
ただ、T君のモリモリ筋肉を見ていて、ちょっと気になることが…。
「もしかして、プロテインとか飲んでない?」
「えっ?ええ、コーチに飲まされてます。筋肉をつけるのに飲めって言われて…。」
「そのプロテイン。大豆由来じゃないか、確認していただけないかしら?」
大豆に多く含まれるイソフラボンが、腸内細菌の助けによって代謝されると、女性ホルモン様の物質エクオールに変化します。これを必要以上に摂取すると、女性化乳房もできやすくなるかもしれません。

T君の場合、乳がんではなくて、女性化乳房だとは思いましたが、念のために、近くの総合病院の乳腺外科をご紹介しました。結果は、やはり「女性化乳房」という診断でした。

あとからT君が報告してくれたことには、
乳腺外来に行ったら女の人ばっかりで、すごーく恥ずかしかった。いろいろ検査してもらって、大丈夫と言われて安心した。やっぱりプロテインは大豆由来だったので、飲まないことになった。胸の痛いのは、少しずつ軽くなってきている。
ということでした。

女の子じゃなくちゃ普通は経験できない「胸の痛み」。短い期間だけだったけど、経験できて良かったね。女の子は、そういう痛みとずーっと付き合ってかなきゃいけないのよ。優しくしなきゃいけないってわかったでしょ!?
と言ってみたら、
「いやー。ホントにそうっすね。」と、神妙な顔つきで言ってくれました。

重要:本サイトの内容、回答及び推奨事項は、医療機関の受診、診断又は治療に取って代わるものではありません。本サイトを読んだことにより、医師のアドバイスを無視したり診察を受けることを遅らせることのないようにしてください。