BD の CSR

Company Social Responsibility
写真:Henry P. Becton Director Emeritus
私の父、マクスウェル W.ベクトンとそのパートナー、フェアレイ・ディッキンソンが会社を設立したのは、今から100年前です。創立者と同じく、今日の私たちもまた、成功とは革新的製品や売上だけにとどまらないと信じています。いかに人々の生活を改善するかが、それが成功の目安となるのです。「あらゆる人々の健康な暮らしを応援する」という会社のミッションは、私たちと同じ世界観を共有する慈善団体と協力関係を築くことにつながりました。 私たちは包括的アプローチで「提供する」ことが一番よいと信じています。つまり、会社の財源、高品質な医療製品やサービス、寄贈用物品、そしてこれが最も重要ですが、社員の活力、専門知識、参加という形で提供しているのです。

私たちは、人道支援団体、ヘルスケア施設、教育機関、文化団体、社会福祉団体など、数百にのぼる世界の団体と長年にわたる提携関係を築き上げてきており、それを誇りに思っています。こうした団体と「あらゆる人々の健康な暮らしを応援する」というミッションを共有し、ともに働きながら、我社がなんらかの形で社会に貢献できることは本当に素晴らしいことだと思います。

ヘンリー P.ベクトン
名誉理事

理念

BDは、世界的な医療テクノロジー企業であり、世界中の人々の健康や暮らしを抜本的に改善することが会社の目標です。包括的な企業奉仕活動の一環として、財源、BDの高品質な医療製品やサービス、寄贈用物品、そしてこれが最も重要ですが、個々の社員の能力と高潔な精神を提供し、様々な非営利団体を支援しています。それにより、世界中の人々の健康に貢献しているのです。また、当社の目的やビジョンを共有する非営利団体と密接な共同関係にあります。企業の社会的責任について、私たちは鋭敏な感覚を持っています。地域コミュニティーとの強固な関係は、企業としての目標や進歩をさらに推し進めてくれると信じています。


以下の活動を共同で行なっています。

  • 世界中で、活力のある、健康なコミュニティー作りを目指して努力しています。

  • 密接な関係を構築することで、世界の人々のニーズに対応しています。

  • 私たちは「行動」に全力を注いでいます。