「Trusted Partners」キャンペーン

BDの全世界規模の広告キャンペーン「信頼できるパートナー」は、2003年の初頭にはじまりました。「あらゆる人々に健康な暮らしを応援する」という目標とともに、BDが100年にわたる歴史の中で培ってきた社会貢献にスポットをあてます。

一連のキャンペーンを通じて、世界医療における緊急なニーズを紹介するとともに、慈善団体、政府機関、NGOと協力しながら、これまでに数多くの命を救ってきたBDの企業努力をご紹介します。

社会奉仕活動、持続可能な事業活動、そして新技術の開発を通じて、BDは、効果的なエイズワクチンの開発、開発国における結核の抑制、致死率の高い病気の撲滅(はしかや、母体や新生児の破傷風)、伝染病の予防、人災や自然災害での救済活動などに貢献してきました。
「信頼できるパートナー」キャンペーンは、世界の20種類以上の出版物に掲載され、数百万人の人々にBDのメッセージが届けられました。そして、いくつもの広告業界の賞を受賞し、広く一般に認知されるとともに、提携団体からは高い評価を受けました。

これまでBDは数多くの世界的医療イニシアチブに対し、多額の投資を行なってきたので、本キャンペーンの開始とともに、新しい広告メッセージが続々と発表される予定です。
FIND
BDはFIND(Foundation for Innovative New Diagnostics:革新的な新規診断薬に関する基金)と協力し、開発国における結核予防に取り組んでいます。

GBC
BDは、世界のビジネス界が一丸となってHIV/AIDSと戦う、GBC(Global Business Coalition on HIV/AIDS:世界エイズ経済人会議)に参加しています。

MARCH OF DIMES
BDは、慈善団体「March of Dimes」と提携し、1954年に行なわれたポリオワクチンに関する裁判で、Jonas Salk博士に画期的な勝利をもたらしました。

糖尿病
糖尿病:1924年以来、糖尿病治療のリーダー的存在であるBDは、世界で最も充実したインスリン注射ならびにモニター製品を揃えています。現在、数百万ドル相当の研究と、糖尿病患者向け教育プログラムの開発を無償提供しています。

AmeriCares
1986年以来、BDとAmeriCaresとは共同で、緊急を要する医療ニーズに対応し、人道支援プログラムを実行してきました。

HIV/AIDS
BDは、HIV/エイズとの戦いに全力をあげて取り組んでおり、数々の団体と提携を結び、将来の世代のために第一線で活躍しています。主な提携団体は、ビル・クリントン財団、世界エイズ経済人会議、国際エイズワクチン・イニシアチブ、セーブ・ザ・チルドレンなどです。

HEALTHCARE WORKER SAFETY
1991年、バージニア大学国際医療従事者セーフティーセンターが創設された際、BDはスポンサー企業となりました。そして現在、医療作業中に起る血液曝露に関するデータベースであるエピネット™調査システムの主要スポンサーになっています。こうした提携には、安全機能付き製品により医療事故を防ごうとするBDの企業姿勢が現れています。

救済活動:BDが寄付した緊急用医療用品が、人災や自然災害の時に犠牲者の人々に配給されます。

救済活動
BDが寄付した緊急用医療用品が、人災や自然災害の時に犠牲者の人々に配給されます。

IAVI
BDは、IAVI(the International AIDS Vaccine Initiative:国際エイズワクチン構想)と協力し、エイズウイルスの増加を食い止めるワクチンを評価、選別しています。

プロジェクト・ホープ
この開放的な「指導者のための指導プログラム」を通してBDは、中国の糖尿病患者向けの教育に大きな影響を与えています。

ユニセフ
破傷風による母体や新生児の死亡をなくすることは、ユニセフの目標の一つです。破傷風は、2005年現在、開発国で脅威となっている病気の一つです。

アメリカ赤十字
BDはアメリカ赤十字と協力し、はしかイニシアチブを支援しています。目標は、今後5年間で2億人のアフリカの子供たちに対して予防接種を行なうことです。

バイオテロ
BDはポリオワクチンや、天然痘ワクチンの製造でも最前線で活躍しています。